東京荒野

三十五歳後編

7321.jpg
あまりにもドンピシャなナンバーの車を見かけたので、第八号掲載、三十五歳後編をホームページからダウンロードできるようにしました。ご自宅のパソコンなどで印刷してお読みください。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/16(木) 02:21:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

季刊誌東京荒野第八号

tokyoukouya008_01.jpg
季刊誌東京荒野第八号
発行日:2017年2月28日
定価:1000円+税

掲載作品
東京荒野 井上Y
わたしの足跡 第五回 うた猫
今日、 かほり
ラブ&カタストロフィ&ラブ 桑原滝弥
人目 蛇口
世界で一番有名な夢 中編 ちひろ
空白 ひとひと
夢とオナニー 第八回 馬野ミキ
きいろいへ もり
はずかシーサイドディスコ 第二回 山野井譲・はっとりあつし
三十五歳 後編 湯原昌泰

アクリル 前編 永坂壽
中国回遊録 黄山 森下くるみ
宇宙の真理 無善菩薩
蟻のハ 第七回 三上寛

三上寛詩学校作品群
リッチモンドの狐 榊原光芳
空はすべてを知っている 押田英範
大統領のヒロシマ 浅井直樹
ひなげし、その決意 古屋穣
ふるさと 高野優子

東京荒野第八号応募作品
去年までの恋人 みどりのおばけ
ゆたんぽ 船渡川広匡

対談 第三回
町田桃子×湯原昌泰

カバーイラスト 岩沢卓
イラスト 丸

東京荒野取り扱い店
古書現世(西早稲田) 模索舎(新宿)
タコシェ(中野)  円盤(高円寺)
コンコ堂(阿佐ヶ谷) よるのひるね(阿佐ヶ谷)
Title(荻窪) ニヒル牛(西荻窪)
ビビビ(下北沢) 往来座(池袋)
ポポタム(目白) アオツキ書房(大阪)
蟲文庫(岡山)
東京鼠(高円寺彦六) スナック雨(渋谷コジンシュギ)
無力無善寺(高円寺)

よろしくお願いいたします!
  1. 2017/03/01(水) 00:25:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

無力無善寺での取り扱いがはじまりました

muzenji.jpg
先日より東京荒野を無力無善寺に置かせていただいています。
高円寺は他に「円盤」「大陸バー彦六・土日営業の東京鼠」でも東京荒野を取り扱っていただいていて、気付けば最も雑誌を置かせていただいている町です。それだけ懐が深い町だということだと思います。さまざま店を回り、置かせてくださいとお願いしてきた僕にしてみれば、こんなに嬉しいことはありません。

取扱い店に関してはホームページのショップをご覧ください。
また、Amazonでも引き続き取り扱っています。

よろしくお願いします!
  1. 2016/12/21(水) 02:52:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

季刊誌東京荒野第七号

tokyokouya08_001.jpg
季刊誌東京荒野vol.7
発行日:2016年11月30日
定価:1000円(+税) A5版 96ページ
ISBN:978-4-9909035-2-7

・わたしの足跡 犯罪者との恋愛編 うた猫
・SICK OF LIFE 町田桃子
・性欲 ちんすこうりな
・はずかシーサイドディスコ 作:山野井譲 画:はっとりあつし
・履歴書を買いに 植岡ペヨー太
・第四回 三十五歳 中編 湯原昌泰
・夢とオナニー 第七回 馬野ミキ
・もぐら どいちゃん
・単色の憎愛 村田仁

・中国回遊録 上海2 森下くるみ
・みんな菩薩 無善菩薩
・蟻のハ 第六回 三上寛

三上寛詩学校作品群
・私の隣に立つ男はどうやら 河上義之
・フィルム ト刈ヒロト
・花 永井典子
・新宿発午前4時27分 目瀬幸太
・いちねんせい 大塚由美子

第七号応募作品
・エイジ カヨコフ
・「キュクロープス」 ジェシカ・スミスから抜粋、翻訳詩と木の絵 Mattew Pendleton

東京荒野第二回対談
・藤原愛×湯原昌泰

カバーイラスト:チャーリーホッパー

-------

東京荒野取扱い店

模索者 新宿
タコシェ 中野
円盤 高円寺
よるのひるね 阿佐ヶ谷
古書コンコ堂 阿佐ヶ谷
Title 荻窪
ニヒル牛 西荻窪
古書ビビビ 下北沢
古書現世 西早稲田
往来座 池袋
ポポタム 目白
アオツキ書房 大阪
蟲文庫 岡山
東京鼠 高円寺大陸バー彦六
スナック雨 渋谷コジンシュギ

第七号Amazon販売
https://www.amazon.co.jp/dp/4990903528
  1. 2016/12/01(木) 00:25:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

第七号掲載作品

東京荒野第七号応募作品は、カヨコフさんのエイジ、Matthew Pendletonさんの訳詩を掲載させていただきます。
また、新規に荻窪にあるTitleさん(奥にカフェスペースあり)。西早稲田にある古書現世さんで東京荒野の取扱いをはじめていただきました。

荻窪にお立ち寄りの際、高田馬場にお立ち寄りの際は是非足を運んでみてください。
(ちなみに現世さんから高田馬場駅に帰る途中には、ブランド品買取り店、メガネ屋、文房具屋、不動産屋とあり、おお現世に行って帰れば小説家になれる!と思いました)

よろしくお願いします!

  1. 2016/10/25(火) 02:27:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ